自動車整備の仕事も欠かせない任務

タクシー事業をしているのは会社だけでなく、個人単位でタクシーをしている所もあります。そうした個人タクシー事業者向けにも燃料販売をしていることで、同業他社でライバルでありながらも、横のつながりが生まれて事業規模や新しいスタイルの働き方も把握できて、必ず消費することになる燃料の部分で稼げるので少しでも稼ぎにつながります。

 

個人タクシー事業者を排斥するのではなく、そこから協力して生まれるメリット、利益、社会的なメリットを考えているからこそできることです。だからこそ、国際興業大阪の事業は地域からも愛されていて、職場環境も良いと先輩社員からの評判もよいのです。

 

車両の整備・メンテナンスの仕事もある

タクシーを安全に走らせるには、日々の車両メンテナンス、運転手の意識と健康をきちんと管理していく必要があります。特に、タクシー車両の整備は重要で、国際興業大阪では自社内で車両のメンテナンスや専属の自動車整備士による整備が行われているので、いつでも車両は万全の状態で路上に出ています。ちょっとでも整備不足があると事故の要因になったり、エアコンが臭くなったりして乗客のストレスにもなる上、絶対に安全な状態の車両でなければ責任を持って乗客を乗せられませんので、整備士の仕事も重要です。

 

自動車整備士も国際興業大阪の求人が出る場合がありますので、タクシードライバーの中途採用に応募する時に、もし自動車整備士の免許があれば採用される確率は高まるでしょう。自動車のメンテナンスのほうが向いていれば、タクシードライバーから整備士として勤務することにもなるかもしれませんので、双方のスキルが有ると理想的です。

 

中古車販売だってこなせるオールラウンダー

国際興業大阪では、タクシードライバー、自動車整備以外にも不動産に関する業務も行っていますが、さらに中古車販売も行っています。タクシーとして使用した車両など、耐久年数の影響で一定の期間、走行距離を満たした場合には新車に買い換えないと安全性を十分に保てないという側面もあります。

 

しかし、車は簡単には壊れず、メンテナンスし続ければ長く乗り続けられて、個人で乗るような場合は、タクシーで使っていたような車両を少しでも安く手に入れられるということで需要もあります。タクシーの会社が中古車販売も行うというのはかなり独特で、それだけ幅広い分野での事業に携わっていて、タクシーを基本にした総合商社のような形で運営されていますので、ドライバーとして働いていても大いに自慢できるはずです。


PAGE TOP