摂津市の摂津営業所エリアの詳細まとめ

本社の北で、茨木の南にある

この摂津営業所があるのは、茨木営業エリアの南側で、本社がある東淡路の北にあります。住宅地が広がり、交通拠点として人気が高く、茨木エリアには小中学校が多く、摂津エリアには東海道本線の千里丘駅、阪急京都線の摂津市駅など、ちょうど交通拠点として便利な場所に駅があり、ホテルや公的施設なども揃っていて、タクシー需要も高いです。

 

摂津市の北西部は、主要な路線の停車する駅がありますので、人口が多くタクシーで稼ぐときにも訪れることが多いでしょう。南東部も、市街地が多く、駅周辺から自宅に帰る人々の送迎をするような場合もありますので摂津市はその周辺の茨木エリア以外にも守口市、吹田市も土地勘があると効率的に目的地にたどり着けるでしょう。

 

摂津と茨木はベッドタウン

摂津市と茨木市は、大阪市のベッドタウンとして人気が高く、茨木市よりも摂津市のほうが大阪市に近いので、段々と人気が出ています。淀川に接しているため、川沿いという不便さがあることも考えられますが、大阪市に近いということで人気が高いのは事実です。ビジネスで利用する人よりも一般住民が多く、子どもや高齢者も多いため、タクシーの役目もその分幅広いです。

 

タクシードライバーとしてこのエリアで仕事をする場合、土地勘があればそれほど困りませんが、GPS、カーナビなどを活用して遠方や隣の島での移動をする際にはできるだけ最短ルートで移動できるようにしましょう。2km、3kmも走ると隣の市まで行けるので隣接している市まで土地勘を広げておけると理想的です。

 

本社営業所までのルートも把握しよう

茨木市の場合は、大阪市まで少し距離がありますが、摂津市の場合は国道16号を少し南下すればすぐに本社がある東淡路を通過できてしまいます。本社がある淡路営業所だけでなく、せっつしないから伸びている、または、摂津市内を通過している大通り、国道から20分から30分で行ける地域は土地勘を身につけておきましょう。

 

特に、大きな病院や大阪市周辺のランドマーク、ホテルや旅館などのだいたいの名前と場所くらいは把握していたほうがタクシードライバーとしての仕事はしやすいでしょう。勤務する前に、自身の車で主要スポットまで向かうルートを把握しておけば、摂津市に引っ越してきてから日が浅い人でも、早く土地勘が身につくでしょう。利便性の高いベッドタウンなので、タクシーの仕事も多く、周辺の隣接市へのルートも把握しておくと仕事がしやすいはずです。


PAGE TOP