【新卒・中途採用】誰でも就職合格しやすい

新卒採用も多数!

国際興業大阪では、新卒採用にも道が開かれていますが、常に募集があるわけではなく、タクシードライバーの仕事をするには最低でも21歳を超えていて、運転免許証を取得してから3年以上経過していないといけません。これは2種免許を取得するために普通免許を取得してから3年経っている必要があるため、この条件さえクリアしていれば新卒でもタクシードライバーに採用されます。

 

地域の土地勘や接客スキルなどを身につけている必要があり、交通ルールや安全運転、万が一のときの対応なども身につけていないといけないので経験がない人がいきなりタクシードライバーになるのは実務として難しいかもしれませんが、能力さえあれば認められるでしょう。

 

第二新卒も歓迎されている

第二新卒と呼ばれる転職組み、二度目の就職をする人々の募集も国際興業大阪ではあります。最初の就職先で2年から3年ほど働いて転職する人たちなどを第二新卒と読んでいて、だいたい20代の若い人が第二新卒と呼ばれています。こうした人は既に現場での勤務経験を得ているため、新卒よりは即戦力になりやすい人材として魅力的とされており、タクシードライバーとして働く道も十分残されています。

 

国際興業大阪であれば、タクシードライバー以外にも観光バスの運転手や営業社員、自動車整備士の仕事なども可能性がありますので働きやすいでしょう。他にも女性であれば、KIDSタクシーや陣痛タクシーでも活躍できる可能性はありますので、他に良い給料の仕事が見つからないときはタクシードライバーも考えてみてください。

 

中途採用も経験が生かされる

タクシードライバーの求人が出ているものは、中途採用として出されており、経験がある程度ある人を欲しているというのが理解できます。接客やその土地での土地勘、タクシードライバーになる以前の社会人としてのスキルや人間関係の作り方、人間性などが必要になるため、中途採用のほうがむしろ魅力的でしょう。

 

社会人経験がある人は、お客さん、乗客と接する時、少し土地に詳しくないと通れないような道でも知っている可能性があり、宅配便や前職で運転手の仕事をしていた方は特にタクシードライバーとしてすぐに活躍できるでしょう。また、人脈が広い人ならば、タクシードライバーとして働き始めた時にその人脈、知人、友人から利用してもらえる可能性もあって、会社としてもメリットがあります。中途採用でも新卒でも働きやすく、就職もしやすいので、是非検討してみてください。


PAGE TOP