国際興業大阪の先輩社員のご意見まとめ

労働環境が整っていて働きやすい

国際興業大阪は働く環境が整っているという先輩の意見が多くありました。他のタクシー会社では上司との関係、同僚との関係が希薄になりやすいという所もありますが、国際興業大阪では、横のつながりも濃く、高いにサポートし合うような温かい環境が整っています。

 

ビジネススタイルにもそうした柔軟な姿勢が現れており、幅広い分野で活躍している分、人それぞれの感覚にも理解がある人が幹部や経営者にいて、互いに信頼して仕事ができるようです。上司と部下がお互いを信頼しながら、会社も地域社会も支えながらやっていけるという環境はなかなかないので、はたらく人にとってはかなり魅力的でしょう。福利厚生なども充実しているので、車の運転が好きであれば働いていて苦痛になるようなことはないでしょう。

 

実車率が高くて稼ぎやすい

タクシー運転手のデメリットとして歩合制で、仕事が少なくなってしまうと収入がガッツリ減ってしまうという点があります。国際興業大阪では、実車率が高く、普通に仕事をするだけでも1日の勤務で5万円から6万円は稼げるため、月60万円ほどの売上が出て、月収37万円は超えるような状態にできます。

 

せっかくタクシードライバーとして働くならば、ガッツリ稼げたほうが良いと考える方が多いので、国際興業大阪の実車率の高さは先輩社員にとっても魅力的なようです。国際興業大阪の本社の営業エリアは大阪駅、新大阪駅付近だということもあり需要はかなり高いので、タクシーの仕事で、依頼が少なくて困るということはないでしょう。

 

研修が多いから自信がつきやすい

初めてタクシーの仕事をするという方でも、研修がしっかりしているため、現場に出る時も現場に出てからも自信を持って経験を積んでいけます。基本は乗客の依頼に応じて目的地まで運べばひとまずは満足してもらえますので、慣れれば仕事で辛いことはありません。

 

最初は2種免許の取得、地理試験、各種研修などで学ぶことが多いですが、土地勘があって、2種免許も既に持っているならば、学ぶことはかなり少なく、すんなり働き始められます。研修を通して自信を持ってタクシードライバーとして働けるようになると先輩社員の多くが語っていますので、初心者でもまずは応募してみてください。特に働き方、給与をみて、魅力的な条件だと思えた方はタクシードライバーとしての生き方も十分ありでしょう。


PAGE TOP