子どもの体調理由での早退に理解がある

子育て中でも働きやすい

子育てをしていると自由な時間が取りにくく、保育園や小学校の送迎、学習塾や習い事の送迎、急な子どもの風邪、突然渡される学校のプリントと購入品リストなど大人の自由がほとんど無くなるほどに大変です。大人の自分だけの予定で動ければ仕事はしやすいですが、ワンオペ育児で子どもの世話もパートの仕事もしながらやっていかないといけない場合に、国際興業大阪の自由に働き方は多くの女性にとって魅力的です。

 

シフト制で日程を調整しやすく、子育てで疲れているときを抜かして予定を入れられるため、仕事でも成果が出しやすいでしょう。タクシードライバーの仕事は明け休みがあるため、その休みのタイミングを子どもの学校のイベントや授業参観に合わせれば子どものイベントも大切にでき、パートやアルバイトとして働くよりも断然有利に仕事ができます。

 

女性ドライバーは需要が高い

女性ドライバーは社会的に需要が高くなっており、今後は観光タクシーやKIDSタクシー以外にも、介護タクシーのような高齢者のサポートをするような仕事も出てくるでしょう。既に女性が活躍する場面がタクシー業界でも増えており、必ずしもオペレーターや事務をするだけが女性の仕事ではなくなっています。

 

女性がタクシードライバーとして働くのも国際興業大阪では当たり前のことで、求人募集でも時給での働き方、歩合制の働き方の両方が用意されています。がっつり働きたい方は歩合制を選んで、既に子どもが自立しているならばタクシードライバーとして毎月ガンガン働いて稼いでいっても良いでしょう。

 

病院への送迎などが多い

女性がタクシードライバーをする場合にも、ビジネスとしてお客さんからの需要に答えることが多くなります。これは女性差別なのではなく、乗客からの要望であるため、女性は女性のタクシードライバーとして世間から求められている部分で活躍することになります。

 

逆に言えば女性ドライバーが良いというお客さんのところに男性を配車はさせられないので、こうした部分は正しく理解して働きましょう。授乳が必要な赤ちゃんがいる方、高齢女性のお客さんや、産婦人科に行きたい女性などは男性の視線が気になってしまうということはありますので、女性ドライバーのほうが安心して利用してくれます。病院や大きな駅、自宅への移動を頼られることが多いため、そうした需要にしっかり答えていけるようにしてください。


PAGE TOP