陣痛タクシーでママたちを守る

国際興業大阪の陣痛タクシーサービス

妊婦にとって、大きくなった赤ちゃんを出産する少し前のタイミングで心の準備はできても、生まれてくるタイミングは完璧にコントロールすることはできません。陣痛が来てから妊婦が自分で車を運転して病院まで行くのは危険すぎで、かといってベストなタイミングでパートナーがいるかというとそんなこともなく、普通にタクシーを呼んでもタイミングが合わずに遅れてきてしまうと先に本格的に出産準備をしないといけない段階になって、母子ともに危険になることもあります。

 

そんなときのためにあるのが事前登録制の陣痛タクシーで予定日がわかっている場合には、事前に陣痛タクシーとして準備をしておけるので、いざ連絡が来れば最優先で駆けつけて対応できるというものです。

 

送迎先や場所がわかっているからサポートしやすい

登録制の陣痛タクシーは、女性のタクシードライバーが対応できたほうがよく、妊婦さんも出産経験のある女性ドライバーが近くにいてくれると、やはり安心できるものです。タクシードライバーとしては、事前に何時頃仕事が必要になるかが分かるのでスタンバイしやすく、連絡が来れば早めに病院までのルートも把握して最速の安全ルートで妊婦を運ぶことができます。

 

迎えに行く家庭や送る先の病院も事前に把握できていれば、パートナーの方が仕事でどうしようもない場合、パートナーがいない方の場合でも少しでも出産のリスクを減らせます。タクシードライバーとしては仕事としてお金も稼げて、社会貢献、地域貢献にもなりますので、大いにやりがいがあるでしょう。

 

登録制なので需要は把握しやすい

この陣痛タクシーは事前に登録しておいてもらうものなので、働く側にとっては特に安心です。登録しておいてもらえればその分かかるコストや走行ルートなどから大体の金額も把握できて、退院のタイミングに合わせて、タクシードライバーの連絡先入りの名刺カードなどを渡しておけば、病院から家庭への送迎も依頼してくれる可能性があります。

 

また、赤ちゃんが大きく育っていくに連れて、急に発熱してタクシーが必要になることもありますので、そうした場合に対応できるタクシードライバーとして、仕事が安定して増えていくかもしれません。社会貢献は直接は大きな売り上げにはならないかもしれませんが、実績を重ねて評判が高まっていけば長く国際興業大阪を利用してもらえて仕事も安定していくでしょう。


PAGE TOP