主婦でも働ける女性タクシードライバーの今

週2日、1日5時間から働ける

国際興業大阪の女性タクシードライバーの仕事では、条件にかなり自由度があって、週に2日から仕事に入れる上、1日5時間から勤務し始められるという他のタクシー会社ではほとんど見られない働き方ができます。時給1000円の報酬で働く場合と、歩合制で働く場合が選べるため、希望する収入に合わせて仕事することも可能です。

 

扶養控除を受けられる範囲内で働けるように考慮してくれるため、国際興業大阪は女性の働きやすさのために尽力してくれている会社です。1時間1000円の時給は、スーパーなどのレジ打ちをするよりは給料がよく、接客の負担とストレスもそこまで多くはないので、時給は上がって負担は減らして働くことができます。運転が好きな女性はこうした働き方も選べますので、チャレンジしてみてください。

 

子どものお迎えまでシフトで働くのも可能

午前中に子どもを送ってからお迎えまでの午前10時頃から午後3時、午後4時くらいまでの間にパート感覚で働けるのが、国際興業大阪の女性タクシードライバーの仕事の魅力です。ちょうど小学生のお迎え時間まで働けるようにシフトを組めるため、子育てしながら働いていく事もできます。既に子どもにあまり手がかからなくなっている場合は、本格的に月13日勤務、明け休みの仕組みで働くのも良いかもしれません。

 

母子家庭、シングルマザーの家庭では、子どもを育てながらもしっかり稼がないといけないですが、これほど女性への理解がある会社ならば、KIDSタクシーのような働き方をしながら、子どもの世話の時間に帰宅させてもらえるようにシフトをずらしてもらうなど交渉すれば対応してくれる可能性があります。

 

時給1000円だからレジ打ちより稼げる

時給1000円はパートの仕事としてはかなり魅力的な時給で、コンビニやスーパーではよくて時給900円ほどでしょう。田舎、地方では時給が800円に届かないような場合もあるので、レジ打ちよりは1時間で稼げる金額が多いです。レジ打ちでは1時間一箇所に立って、レジ打ちしつつ、接客しなければならず、お客さんの対応や態度によってはストレスがあるかもしれません。

 

また、同僚のいびりや愚痴、先輩社員、先輩パートの面倒な行動に付き合わないといけない可能性もあります。その点、タクシードライバーならば同僚同士はお互いにギスギスした雰囲気はなく、路上に出てからもお互いを認識し合うこともあり、社会貢献の目線で言えば支え合わないといけないのでレジ打ちパートのようなストレスはなく働きやすいです。


PAGE TOP